2014年08月01日

Fiat500 MT

Fiat 500 に搭載されるミッションは2種類。



  • 5速マニュアル

  • ATモード付5速シーケンシャル



いわゆるマニュアルトランスミッションは、
500Sやアバルトなどのスポーティなグレードに設定されています。

このうち、より「らしい」のは500S。
875cc・2気筒ツインエアエンジンをMTでブン回すのは
やっぱり楽しい!っていう声が多いみたいです。

The・コンパクトというか、わびさび的な楽しさがありますね♪




他方、多くのグレードに搭載される5速シーケンシャル。
いわゆるツーペダルマニュアルですね。

クラッチ操作はクルマにおまかせ、
オートマ的にも使える、
そんなミッションです。


いわゆるオートマを想像して乗り込むと
シフトショックなどの面で違和感のある機構ですが、
思い通りにクルマを操るという楽しみが得られるのは大きな魅力です♪



【関連する記事】
posted by ゆ〜すけ at 23:38| Fiat500 MT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

Fiat500 アバルト

フィアット車の改造・販売を行っていた、
アバルト(ABARTH)というメーカーがあります。

1971年にフィアットに買収されたのちには、
同社の競技部門などを担当していましたが
現在では社内ブランドとして名を残しています。

Fiat500にも、その名もズバリABARTHを冠する
スペシャリティグレードが存在します。
各モデルには、”サソリ”のエンブレムが・・・!


  • ABARTH 500

  • ABARTH 595 TURISMO

  • ABARTH 595C TURISMO

  • ATARTH 595 COMPETIZIONE



各モデルとも1,368ccターボエンジンを搭載し、
余裕のある走りが可能。
”サソリの毒”というキーワードの通り、
かなりトンがったクルマに仕上がっています。


ノーマル500もかわいいですけど、
アバルト500も気になります・・・♪
posted by ゆ〜すけ at 10:02| Fiat500 アバルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

Fiat500S

Fiat500S

"S"の頭文字が示すとおり、スポーティモデルの位置づけですね。
このグレードについては、

  • 875cc ツインエアエンジン

  • マニュアルトランスミッション


・・・仕様があるのみ。


ツインエアじゃない500Sはありませんし、
オートマの500Sもないんですね。

500唯一のマニュアル設定モデルとなるので、
ぜひ自慢のツインエアとの組み合わせで楽しんでほしい!
・・・っていうことでしょうか?



管理人はMT車好きなので、よりファンなドライブをしようと思うと
500Sはかな〜り有力な選択肢になります。

ただ・・・ソフトトップの開放感も捨てがたいんですよね。

この一点がひっじょ〜〜に悩ましいんですが、
今のところは500Cに興味がかたむいているところですw

500CS、出しませんか?フィアットさん・・・♪
ラベル:Fiat500S
posted by ゆ〜すけ at 23:48| Fiat500S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。